【体験口コミ】リネットに礼服・喪服を出してみた。実際にかかった料金も公開

当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。

リネットでは礼服・喪服も通常のお洋服と同様に出すことができます。

ひろ

どんな人が宅配クリーニングで礼服や喪服を出すの?

杏奈

忙しくて出しに行く暇もなかったり、天候や体調が悪い時に利用すると助かるという声が多いわね。

滅多に出番のない礼服・喪服ですが、その格式ゆえに、いざ着ようという時にはいつも綺麗な状態でなければいけません。

礼服や喪服は高級な仕立てであることが多く、クリーニングの質を気にされる方も多いのではないでしょうか。

今回リネットを利用してみた感想としては、「丁寧に仕上げてもらって満足」な結果となりました。

ひろ

でも、宅配クリーニングって時間がかかるよね。急ぎで必要だったら間に合わないんじゃない?

杏奈

そうね、急ぎの場合は当日仕上げの店舗の方が早いわね。
でも、リネットは礼服・喪服も最短2日後のお届けが可能よ。

リネットは利便性が高く利用しやすい宅配クリーニングです。

しかし、いざ礼服や喪服のようなお洋服を出そうと思うと、総合的に考えてリネットが適しているのかどうか迷ってしまう方もいるかもしれません。

というわけで、この記事では実際に礼服を宅配クリーニングに出した体験レポートをお届けします。

  • 礼服・喪服のクリーニング料金は?
  • オプションは?
  • スピードは?
  • 品質は?

リネットに礼服や喪服を出すことを検討されている方は、是非参考にしてみてくださいね。

目次

リネットの礼服・喪服の料金・オプション・日数

女性用喪服
ひろ

礼服・喪服と、普通の黒いスーツとは何が違うの?

杏奈

礼服・喪服は冠婚葬祭に着る服だから、同じ黒でも黒さが違うの。見たらすぐに違いがわかるわよ。

ひろ

クリーニングの仕方も違う?

杏奈

デラックス仕上げとして扱うクリーニング屋さんも多いし、その場合だと料金も高くなるわね。

ひろ

リネットは?

杏奈

そういえば、リネットは礼服・喪服だからと特別に料金は変わらないわねえ。

礼服・喪服のクリーニング料金

リネットの礼服・喪服のクリーニング料金は以下の表の通りです。

礼服の種類通常料金贅沢手仕上げコース
ボレロ700円~1,200円~
略式礼服ジャケット1,050円~1,550円~
タキシード/モーニング2,200円~2,700円~
スラックス/パンツ750円~1,250円~
スカート750円~1,250円~
ワンピース1,250円~1,750円~
※2023年2月現在の税抜価格

リネットの場合は礼服・喪服だからと料金が高いわけではなく、ジャケットやスカート・パンツなど、一般の衣類と同一料金です。

右側の「贅沢手仕上げコース」は礼服にオプションをつけた場合の料金ですが、オプションについては次のセクションでご説明していきますね。

喪服・礼服のオプション

プレミアム会員の場合は全品プレミアム仕上げを行ってくれます。

しかし、大切な礼服・喪服にさらにオプションをつけることで、お好みの仕上げにすることができます。

リネットで選べるオプションは6種類あります。

オプションの種類料金
贅沢手仕上げコース+500円
サラッと撥水仕上げ+400円
ディープクレンジング仕上げ+900円
ふんわり上質仕上げ+400円
銀イオン抗菌防臭仕上げ+400円
折り目長持ち仕上げ+400円
オプションの補足説明(抜粋)
  • 贅沢手仕上げコース
    生地に特殊コーティングを施すことで花粉・ほこり・静電気をブロックし、職人さんが手仕上げで素材本来のハリ・ツヤを再現してくれます。そのまま保管できる不織布カバーとオリジナル防虫剤つき。
  • ディープクレンジング仕上げ
    汗などの水溶性の汚れも一緒に落としてくれる特別な溶剤を使用したドライクリーニングを行います。夏場など汗をかいた時にはさっぱりと仕上がります。
  • ふんわり上質仕上げ
    特別な加工材をコーティング、静電気を防止して花粉やほこりをつきにくくします。ふんわりなめらかな仕上がります。
ひろ

礼服・喪服にオプションをつけるとすればどれがいいの?

杏奈

「贅沢手仕上げコース」ね。リネットも礼服・喪服のオプションとして推奨しているみたいだから、今回私もこのオプションをつけてみたの。

※オプションをつけると仕上がりに必要な日数が伸びますのでご注意ください。

ところで、長らくしまっておいた礼服・喪服にカビが発生してしまった場合ですが、残念ながら「カビ抜き加工」というオプションはありません。

その場合は「カビ抜き加工」のあるクリーニング(宅配クリーニングではなど)を利用すると良いでしょう。

ただし、カビを予防するコースとしてリネットでは「ディープクレンジング仕上げ」+「銀イオン抗菌仕上げ」の組み合わせが推奨されています。

クリーニングに要する日数

プレミアム会員の場合は最短2日後のお届けが可能です。

忙しくてついついクリーニングに出しそびれていたけれど、そういえば法事が数日後だった・・・なんていう時にもなんとか間に合いそうです。

(通常は法事などが終わった後でも良さそうですが)

また、東京23区ほか関東の一部地域にお住まいの方は、エリア限定で展開している集配サービスを利用することができます。

対象サービス対象地域特徴
朝イチ便・夜イチ便
(集配時間を1時間単位で指定)
東京23区、東京都狛江市、三鷹市、調布市、武蔵野市、小金井市、府中市、小平市、立川市、国立市、国分寺市、神奈川県川崎市高津区、宮前区、多摩区、千葉県市川市、浦安市朝イチ便(6時-10時)
6-7時、7-8時、8-9時、9-10時
夜イチ便(20-24時)
20-21時、21-22時、22-23時、23-24時)
翌日お届け同上18時までに預けた場合、翌日20時~24時のお受け取りが可能

通常だと宅配の時間外であるのにクリーニングの受け渡しが可能ですので、該当地域にお住まいの方にとっては非常に便利なサービスですね。

礼服・喪服のクリーニングもお任せ

リネットに礼服を出してみた

杏奈

私は仕事で年に1度黒礼服を着ます。
今回はリネットを利用してみました。

礼服がクリーニングから返ってきた

さて、ここからは実際にクリーニングを注文してみたレビューになります。

今回の注文は、以下の通り。

礼服(黒):ジャケット、ワンピース
      1回着用

一応大切にしている礼服ですから、職人さんが手仕上げを行ってくれるという「贅沢手仕上げコース」のオプションをつけてみました。

クリーニング後、こんな感じで箱の中で2つ折りの状態で返ってきました。

「贅沢手仕上げコース」には通気性の良い「そのまま保管できる不織布カバー」がついています。

素材はポリエステルなので、配送時のシワはまったくありませんでした。
(万が一シワがついていても、2~3日吊しておけば自然に取れます)

礼服や喪服は次に着るまでの期間が長いです。長期保管しても大丈夫なように、「リネットオリジナル防虫剤」がついていました。

石油系や衣類のニオイも全くなく、触った感じも良いです。

このように、ちゃんと綺麗にクリーニングされて帰ってきました!

ひろ

良かったね~!

杏奈

思っていたよりしっかりクリーニングされて返ってきました。

もともと割と綺麗な状態の礼服でしたが、出す前に気になっていたことが1点ありました。

それは、前回近所のクリーニング屋さんに出した時、出す前にはなかった「服を洗っていないようなモワッとしたにおい」が逆について返ってきたこと。

今回出してみて、クリーニング特有のにおいはもちろん、そのようなにおいも完全に取れていました。

オプションをつけたせいももちろんあると思いますが、総合的に判断して丁寧に扱ってもらったことが感じ取れ、満足な仕上がりとなりました。

実際にかかったクリーニング料金

さて、今回の礼服のクリーニング料金の明細は以下の通りでした。

ジャケット・・・・950円
贅沢手仕上げコース +700円
ワンピース・・・1,230円
贅沢手仕上げコース +700円
—————————————–
計       3,580円
クーポン使用  -537円
消費税      304円
—————————————–
合計      3,347円

※料金改定前の価格です

クーポンは、前回利用したあとに付与された「お礼クーポン」みたいな感じだったと思います。

また、同じ礼服を近所のクリーニング屋さんに出した時の料金は、「デラックス仕上げ+割引」で3,100円ほどでした。

リネットはオプション込みで3,347円でしたので、配送料のことを考えると決して高いわけではありません。

現在リネットの送料無料ラインはプレミアム会員で税抜3,000円~の利用からですから、この金額を超えるためにオプションをつけるか、他のお洋服も一緒に出すと良いですね。

を見てみる

礼服・喪服がクリーニングから返ってきたらすること

さて、礼服・喪服がクリーニングから返ってきたら、毎回した方が良いこと。

杏奈

ハンガーをつけ替えますね。

(上)リネットのハンガー

クリーニングから返ってきたままの細いハンガーをそのまま使用すると、お洋服の肩のあたりが型崩れする原因になってしまします。

これからまた長期間保管することになるので、戻ってきた礼服は極太ハンガーにつけかえましょう。

家の中の通気性の良い場所に保管すれば、これで礼服クリーニング一連の流れは完了です♪

リネット 今回感じた感想

ノートと付箋

礼服をセーターなど他の衣類と一緒にクリーニング店に持って行くのはかさばりますし、重いです。

やはり自宅に取りに来てくれて、自宅に届けてくれるのはすごく楽でした。クリーニングに取りに行った帰りは、他の場所に立ち寄りにくいですしね。

私は服を買うのでも、ネットでじっくりと時間をかけて選ぶタイプ。

クリーニングでも料金表やオプションなんかを好きなだけ眺めていられる宅配クリーニングは性に合っています。店舗型だと、料金表を好きなだけ眺めるわけにいきません。

実は戻ってくるまではちょっと不安感もありましたが、綺麗になって返ってきて、丁寧に扱ってもらったのがわかり大満足でした。

リネット礼服・喪服クリーニング まとめ

以上、礼服をリネットに出したレポート記事でした。

  • リネットは礼服・喪服も同じようにクリーニングに出せる
  • 丁寧な仕上げをしたい場合は「贅沢手仕上げコース」のオプションがおすすめ
  • オプションをつける場合は通常より日数を要する

社会人として、礼服・喪服は常にお手入れされた状態で保管しておきたいものです。

リネットをすでに利用している方、これから利用を検討されている方も、普段のお洋服に加え、ぜひ礼服・喪服も出してみてくださいね。

目次